ビジネス03
本来の相続財産といわれるものがあります。これは何かというと具体的にお金に換算できる財産のことを指します。なので現金はもちろんのこと、その預金や小切手、証券があります。そして金銭的な価値のあるものとしては家屋や宅地、山林等の土地も商売として売買している業者もいるので金銭的な価値があるので該当するのです。

ビジネス04

他にもそうした目に見えるもの以外にもその土地の権利を始めとして、著作権や特許権といった権利に対しても金銭的な価値のある財産として該当しています。そして金銭的なものといえば普段から家で必要な家具、テレビ、冷蔵庫、テーブルとありますが、実はこれらも該当して含まれることになります。とにかく大きなものから小さなもの、目に見えるものから見えないもの、全て金銭的な価値があると見なされるものは全て該当するということになります。そしてこうした概念で気をつけることなるのは相続税です。相続税は財産を相続すると発生する税額ですが、当然その相続した財産によって納税する金額というのも変わってきます。そしてその際には財産全てが相続税のかかるものとして含まれることになります。なので相続するにあたってはこの概念の税額に気をつけましょう。

ビジネス05