遺産相続財産の分配

| 未分類 |

遺産相続とは、亡くなった方が残した現金、銀行貯金、土地やマンション、アパートなどの不動産、家具、自動車、骨董品、宝石、貴金属、美術品などが含まれます。プラスの財産だけではなく、住宅ローンや未払いの税金関係、未払いの医療費などの借金といったマイナスの財産もすべて含まれます。
遺産相続は、その方が亡くなったと同時に手続きが始まります。
誰が相続人になるのかを確定する必要がありますが、遺産相続財産の分配の優先順位はすべて法律で定められています。
まず最初にするべきことは、遺言書の有無の確認です。遺言書があれば、その内容に従って相続手続きを始めます。遺言書がある場合は、相続の分配はスムーズに行えます。
遺言書が無い場合は、相続に関わる方たちの間で協議を行いますが、そう簡単にスムーズにまとまることは難しいです。まとまらない場合は、法律で定められた法定相続人の優先順により相続の分配が決まります。
法定相続人の優先順位は、「故人の配偶者」「故人の子供」「故人の父母」「故人の兄弟姉妹」の順に定められています。分配は、配偶者が2分の1です。その他は子供の有無や子供の数によって決まります。
相続において親族の争いが起こらない為にも、相続できるだけの財産を持っている方は生前に準備しておく必要があると言えるでしょう。