寄与分とは

| 未分類 |

寄与分とは、聞きなれない言葉ですが、「共同相続人中に、被相続人の事業に関する労務の提供や療養看護等の方法により被相続人の財産の維持や増加につき特別の寄与をした者に対して、共同相続人の協議で定めた額を本来の相続分に上乗せする」というイメ-ジのものです。分かりやすく言えば、父・母・長男・長女の4人がおり、父が亡くなった場合で、母・長男・長女の話合いで「母は亡くなった父の事業を昔から手伝い、看病も一生懸命にしていたから、相続財産1億円の中から5000万円を母に渡して、更に、残った相続財産は法定相続分に従って3人で分けよう」というものです。より具体的には、残った相続財産5000万は、母が法定相続分である2分の1の2500万を更に受け取り(5000万+2500万で7500万)、長男と長女は残った相続財産5000万の法定相続分4分の1である1250万づつ受け取ることになります。また、この話し合いは、「共同相続人間で行う」ものであり、亡くなった父は関与しません。なぜなら、亡くなった父が「妻には本当に世話になったから、財産を多めに渡したい」と思った場合には、「遺言」という方法で、相続財産を多く渡すことが可能だからです。