相続回復請求権

| 未分類 |

相続回復請求権とは、正しい相続人ではない、いわゆる表見相続人などが、本来相続すべき真正相続人の相続財産を勝手に得ている場合に、その相続財産を真正相続人に正統に相続させる法律上の制度ですのことです。相続人は、被相続人が亡くなると相続がはじまります。ですがこの時必ずしも、真正相続人が被相続人の財産を相続できているとは限りません。表見相続人などが不当に、自己が相続人であると主張してして相続財産を相続してしまっている場合もあります。そのような時のための、真正相続人への救済措置です。表見相続人の相続を排除し、遺言通りの相続権を回復させます。その回復の範囲は個々の財産だけではなく、正当な相続人である地位にも及んでいます。この請求権によって相続財産を取り戻す場合には、直接相手に請求する方法と裁判がありますが、一般的には、裁判所に訴える方法が多くおこなわれています。またこの請求権は他に相続人がいても、自分1人でも行使できます。ですがこの請求権には、時効があります。真正相続人またはその代理人が、表見相続人などが相続権を侵していることを知ってから、5年で消滅します。仮にこの事実を知らなくても、相続の開始があったときから、20年間行使しないと同じく時効となってしまいます。