被相続人から相続する財産には、相続財産になるものとならないものがあります。まず財産になるものですが、これには一般的な価値のある財産と負の財産があります。価値ある財産は、いわゆる土地や家屋、山林などの不動産をはじめ、現金や預貯金、高額な骨董品、などがあります。一方、負の財産は借金やローンなどの債務です。遺産を相続する場合には、価値のある財産以外にも、負の財産への返済義務なども負うことになり、相続する義務が生じます。ですので、負の財産片方だけを放棄することはできません。つぎに相続の対象にならないものですが、まず墓や仏壇、寺との檀家契約などがあり、これは祭祀財産として区別されます。また受取人が故人以外の人に指定されている生命保険金も対象にはなりません。遺族年金は、遺族の生活保障という目的のものであり、受給者固有の権利と考えられるため、含まれません。ですが私的年金など年金の種類によっては相続に含まれて相続税の課税対象になるものもあります。 また香典なども、遺族への贈与と考えられるため、相続にはふくまれません。 同様に、葬儀費用も負の財産にはなりません。また、換金額のそれほど高くないアクセサリーなどは、故人の遺品として形見分け対象に分類されます。